Category: 歴史旅行レポート

寝覚の床に残る伝説はどこまで信憑性があるのでしょうか?

寝覚めの床

使う文字によってイメージはガラッと変わってしまいますね。 例えば漢字で表記されたものは堅さや古さのようなものを感じるでしょうし科学用語や横文字で表記されたものはなんとなく新しさを感じるでしょう。 「日本書紀(にほんしょき … Read More

Read More

全国区の戦いに参戦した「横手やきそば」と「横手城」は反徳川家?

横手城

熱いバトルを繰り広げ華やかな戦歴を残し、その名を全国に知れ渡らせた「横手やきそば」! 食を通して地域活性化を目的とする町おこしのためのイベントB1-グランプリの第1回(2009年)に出展し2位を獲得。本拠地横手(秋田県) … Read More

Read More

食のテーマパーク横浜中華街で美味しい中華料理を腹一杯食べましょう!

横浜中華街

非日常的な風景や体験はそれが心地よいものであれば脳は楽しみに満たされ開放感に浸る事ができるでしょう。 特定の物語や時代、文化などのコンセプトに人々の好奇心を掻き立てるような工夫を織り込んだ観光施設をテーマパークと呼びます … Read More

Read More

開田高原の「木曽馬の里」で人懐こい木曽馬に触れましょう!

木曽馬の里

雄大な御嶽山の裾野に広がりを見せる連続した平坦な土地は標高1,100m〜1,300mに位置する開田高原(かいだこうげん:長野県木曽郡木曽町)です。 そこは真夏でも涼しく、のどかな景色が気持ちを和ませてくれます。更に人懐こ … Read More

Read More

竿燈まつり伝承の秘訣を秋田市民族芸能伝承館(ねぶり流し館)で学びましょう!

ねぶり流し館

伝統と言うものはあらゆる条件が満たされた時に進化を遂げながら伝承されて行くものかもしれません。 そう思わせてくれるのは秋田の夏の風物詩「竿燈(かんとう)まつり」です。 なぜそう思ったのか? それは竿燈に関わる要素を分解し … Read More

Read More

「三」をキーワードに園城寺(別名三井寺)を紹介させて頂きます

園城寺(三井寺)_観音堂

大津の街の向こうに広がりを見せる琵琶湖。 背後には標高354メートルの長等山(ながらやま)を控えています。 広大な境内には国宝の金堂を始め数々の建造物が配置されています。  ↑金堂 園城寺(おんじょうじ)は7世紀に創建さ … Read More

Read More

文武両道の運を備えたパワースポット湯島天満宮

湯島天満宮

本郷台地の東側から台東区を見渡す位置に鎮座する湯島天満宮(ゆしまてんまんぐう:文京区)。 ↑湯島天満宮から台東区方面を見た眺め 湯島天満宮はかつて湯島神社と称されていましたが2000年(平成12年)に湯島天満宮に改称。亀 … Read More

Read More

多治見市モザイクタイルミュージアムには人を引き寄せるヒントがある

モザイクタイルミュージアム

色彩による刺激は時に私たちの脳に感情の変化を生み出す。 例えば落ち込んだ時に見る明るい色合いは気分を引き立ててくれるであろう。 小片を寄せ合わせて埋め込み、絵(図像)や模様を表す装飾美術の手法をモザイクと呼ぶ。 この時の … Read More

Read More