Tag: 自然

いつの時代も渦を巻き続けて来た鳴門海峡の渦潮

次から次に姿を見せては消えて行くその動きはまるで生命を与えられたかのようです。 その連続して現れる渦の様相は自然が紡ぎ出すダイナミックな芸術品と言えるかもしれません。 「鳴門の渦潮(徳島県)」はイタリアの「メッシーナ海峡 … Read More

Read More

アイヌ語の地名が残る六郷湧水群に関わった人物とは?

冷たく透き通った水は心の底まで清々しい気持ちにさせてくれます。 約60箇所の湧水からなる秋田県美郷町の六郷湧水群(ろくごうゆうすいぐん)を訪れた人は日頃のストレスから解放されるでしょう。 背ビレの前半がヒレではなく棘が並 … Read More

Read More

多種多様な故事に彩られた鼠ヶ関に残る伝説

日本海に面し江戸時代には北前船が寄港した鼠ヶ関(ねずがせき:山形県鶴岡市)。 古くから何らかの形で多くの境界線が引かれて来た土地である。 ↑鼠ヶ関から望む日本海 日本書紀の658年の記事に「都岐沙羅柵(つきさらのき)」と … Read More

Read More

寝覚の床に残る伝説はどこまで信憑性があるのでしょうか?

使う文字によってイメージはガラッと変わってしまいますね。 例えば漢字で表記されたものは堅さや古さのようなものを感じるでしょうし科学用語や横文字で表記されたものはなんとなく新しさを感じるでしょう。 「日本書紀(にほんしょき … Read More

Read More

クニマスがつなぐ辰子姫の像を始めとする田沢湖の観光スポット

空の青と共鳴し、吸い込まれそうなほど魅惑的な湖の青。 この青は水深423.4mの日本一深い湖だからこそ創り出せる青と言えるかも知れません。 神秘的な雰囲気を醸し出す田沢湖(秋田県)です。 その昔、美しい女性辰子(たつこ) … Read More

Read More

八郎潟を造った主は今も八郎潟に住んでいるのでしょうか?

日本一低い山は標高何メートルの山でしょうか? 答えは標高0mです。 え?どう言う事?それって山なの?と思ってしまいますよね。 「標高」を辞書で調べると「平均海面からの高さ」とあります。標高を別の言葉で置き換えるなら「海抜 … Read More

Read More