Tag: 長野

宮ノ越宿に残る巴御前の伝説作りは現在進行形

緑の山々の合間を縫うように通り抜ける木曽路。 中山道(なかせんどう)のうち岐阜県南部から長野県に又がる区間が木曽路と呼ばれています。 木曽路と言うと妻籠宿(つまごじゅく)、馬籠宿(まごめじゅく)、あるいは奈良井宿(ならい … Read More

Read More

豊かな感性は馬籠宿に行けば身に付けられるかも?

町に入って最初に視界に入る大きな水車と常夜灯。この先にどんな風景が待ち構えているのか? 高揚感を高めてくれます。 石畳をまとう坂道。木のぬくもりを漂わす家々。綺麗な水はかつて旅人の喉を潤したでしょう。中山道(なかせんどう … Read More

Read More

塩の道「千国街道」を通して知る小谷村の歴史と文化

記憶と言う名のノートの古い1ページを切り取り現在の風景と照合させた時に湧き出てくる感覚が「郷愁」とか「懐古」と言ったものであろう。 そしてそこから新たな発見をする事もある。 長野県小谷村(おたりむら)は標高2,000m級 … Read More

Read More

寝覚の床に残る伝説はどこまで信憑性があるのでしょうか?

使う文字によってイメージはガラッと変わってしまいますね。 例えば漢字で表記されたものは堅さや古さのようなものを感じるでしょうし科学用語や横文字で表記されたものはなんとなく新しさを感じるでしょう。 「日本書紀(にほんしょき … Read More

Read More

開田高原の「木曽馬の里」で人懐こい木曽馬に触れましょう!

雄大な御嶽山の裾野に広がりを見せる連続した平坦な土地は標高1,100m〜1,300mに位置する開田高原(かいだこうげん:長野県木曽郡木曽町)です。 そこは真夏でも涼しく、のどかな景色が気持ちを和ませてくれます。更に人懐こ … Read More

Read More

美しいコヒガンザクラが咲く高遠の町が生んだ名君

権力の扱い方を間違えるとその事象は発生する。 極端な長時間労働、残業代の未払い。過酷な条件下で労働者を酷使する「ブラック企業」。 職場での優位性から下級の者に対して人格や尊厳を侵害する言動を浴びせたりするなどして精神的ダ … Read More

Read More