Tag: 長野

塩の道「千国街道」を通して知る小谷村の歴史と文化

記憶と言う名のノートの古い1ページを切り取り現在の風景と照合させた時に湧き出てくる感覚が「郷愁」とか「懐古」と言ったものであろう。 そしてそこから新たな発見をする事もある。 長野県小谷村(おたりむら)は標高2,000m級 … Read More

Read More

寝覚の床に残る伝説はどこまで信憑性があるのでしょうか?

使う文字によってイメージはガラッと変わってしまいますね。 例えば漢字で表記されたものは堅さや古さのようなものを感じるでしょうし科学用語や横文字で表記されたものはなんとなく新しさを感じるでしょう。 「日本書紀(にほんしょき … Read More

Read More

開田高原の「木曽馬の里」で人懐こい木曽馬に触れましょう!

雄大な御嶽山の裾野に広がりを見せる連続した平坦な土地は標高1,100m〜1,300mに位置する開田高原(かいだこうげん:長野県木曽郡木曽町)です。 そこは真夏でも涼しく、のどかな景色が気持ちを和ませてくれます。更に人懐こ … Read More

Read More

二つの顔を持つ松本城

日本の城を美しいものと感じさせてくれる要因を創り出している城の一つ。 現存天守で日本最古。 国宝に指定されている松本城(長野県松本市)は日本人の美意識を高めさせてくれます。 話はかなり飛びますが、例えば会社でいつも怒って … Read More

Read More

謎の物体が眠る諏訪湖の湖畔に建てられた浮城

かつて諏訪湖半に面していた高島城(長野県諏訪市)。その姿が湖面に浮かぶように見えたことから浮城とも呼ばれている。 高島城は松江城(島根県松江市)、膳所城(滋賀県大津市)と並んで日本三大湖城の一つとされている。しかしながら … Read More

Read More