カテゴリー

地域

歴史倉庫

Instagram

バナナ特性と重ね合わせて見る門司港の歴史

歴史の中で実際にあったかどうか分からないものに関して神話と言う形で残される場合があります。 その神話の中に東南アジアやニューギニアを中心に世界各地に伝わる「バナナ型神話」と呼ばれるものがあります。 『神様が人間に対して石 … Read More

Read More

平泉寺白山神社が人に与える過去と現在の印象

伝承や伝説は時に遠く離れた土地同士で絡み合う事もある。 衣川、北上川、磐井川の三本の川に囲まれた地域・奥州平泉(おうしゅうひらいずみ)は11世紀末から12世紀の約90年間、奥州藤原氏が栄華を極めた土地だ。 その規模は平安 … Read More

Read More

加治屋町で実施された郷中教育が日本を変えた

国家の根幹を成すものの1つに教育がある。 それは今も昔も変わらない。 鎌倉時代から薩摩(現鹿児島県)の地を治め続けてきた島津氏。その島津氏の中興の祖と呼ばれ近世島津氏の基礎を築いた人物が日新斎(じっしんさい)の異名を持つ … Read More

Read More

宮ノ越宿に残る巴御前の伝説作りは現在進行形

緑の山々の合間を縫うように通り抜ける木曽路。 中山道(なかせんどう)のうち岐阜県南部から長野県に又がる区間が木曽路と呼ばれています。 木曽路と言うと妻籠宿(つまごじゅく)、馬籠宿(まごめじゅく)、あるいは奈良井宿(ならい … Read More

Read More

指宿温泉の歴史はどこまで遡れば良いのでしょう?

地中深くに打ち込まれた塩水クサビ(えんすいくさび)が錦江湾(きんこうわん)に面する海岸沿いに世界的に稀有な温泉の形態を造り出しています。 砂の中に身体を埋めて温泉に浸かる砂蒸し風呂です。 この砂蒸し風呂は世界で唯一、指宿 … Read More

Read More

興福寺の塔の価値

いにしえの気配が柔らかく肌を包み込む。 迫力がありながらそこに威圧感のようなものは無くどちらかと言えば心に穏やかさをもたらしてくれるだろう。 興福寺の東金堂(とうこんどう)とその背後に堂々と屹立する五重塔はそのような雰囲 … Read More

Read More

安倍氏ゆかりの安倍文殊院は今も安倍氏と関わりを持っているのでしょうか?

今にも動き出しそうな獅子の猛々しい面構え。 その上に座す文殊菩薩(もんじゅぼさつ)はそれとは対照的に落ち着いた知的な表情を浮かべています。 鎌倉時代を代表する仏師・快慶(かいけい)によって彫られたこの仏像は安倍文殊院(あ … Read More

Read More

秋田城を中心に繰り広げられた元慶の乱の発生理由とその結末

孔子が泰山のふもとを歩いていると、墓の前で泣いている一人の婦人を見かけた。その理由を尋ねると「父、夫、息子を虎に食い殺された」と答えた。そこで孔子が「それならば、何故そのような危険な地から出て行かないのか?」と尋ねると「 … Read More

Read More