Tag: 静岡

江戸時代も現代も旅行には必要不可欠な施設

旅籠(はたご)。現代で言えばホテル。旅には欠かせません。江戸時代の街道には宿場ごとに多くの旅籠があって旅の疲れを癒してくれました。 新居宿(静岡県湖西市。旧名「荒井宿」)は、東海道五十三次の江戸側から数えて31番目の宿場 … Read More

Read More

まさに文字通り!崖っぷちに立たされた時の奇策とは

住宅地の中に深い崖が! でも、何も知らなければ気づかずに通り過ぎてしまうでしょう。 しかし徳川家康の歴史においては重要な場所。 浜松城から1kmくらいに位置するところに犀ヶ崖(静岡県浜松市)はあります。 現在は長さ約11 … Read More

Read More

メロンパンを食べながら三方原の戦いについて学びましょう

1572年1月25日(元亀3年12月22日)、上洛の野望を抱いた武田信玄の軍は京を目指し浜松城を素通りして三方原台地を通過しようとしていた。 これを知った徳川家康は一部家臣の反対を押し切り無謀にも1万1,000の兵で武田 … Read More

Read More

現代の住宅地の中に現れた縄文時代の住宅地

弥生時代の住居が現代の住宅地に囲まれていてアンバランスでなんだか面白い! 静岡市の中心に近い住宅街に周りの風景を無視して存在感を保っています。 私が小学校(だったかな?)の頃に社会科の教科書に載っていた登呂遺跡(今の教科 … Read More

Read More