Tag: 静岡

沼津港深海水族館で扱われる深海魚について日本人はいつ頃から接触していたのでしょうか?

沼津港に立ち並ぶ魚屋さん、お寿司屋さんのカラフルな看板や軒先に並べられた干物を見ていると何だか楽しくウキウキした気分になって来ますね。↑沼津港↑魚屋さん、寿司屋さんが並ぶ通り↑店頭に並べられた干物 水揚げされた新鮮な魚介 … Read More

Read More

遠州の小京都・森町の小國神社と大洞院は「振る」が共通項?

人はその場所に漂う雰囲気を敏感に感じ取る事があります。 明治時代の地理学者、志賀重昂(しがしげたか)もそれを感じ取ったのでしょう。日本の風景の魅力を発信した彼の著書「日本風景論」の中で静岡県の森町(もりまち)を「遠州の小 … Read More

Read More

久能山東照宮に保管されて来た時計と家康の関わり

陽の光に反射して目に入り込む金箔の輝きと鮮やかな色合いは脳裏に強烈な記憶として残されるでしょう。 本殿、石の間、拝殿が国宝に指定されている久能山東照宮(くのうざんとうしょうぐう)は徳川家康の遺命によりその亡き骸が埋葬され … Read More

Read More

舘山寺の鐘

普段と異なる風景で視界を埋め尽くしたいのであれば普段とは異なる視点から景色を眺めなければなりません。 湖上に掛かるロープウェイとしては日本で唯一の「かんざんじロープウェイ」で「大草山展望台」へ赴けばいつもと異なる絶景を見 … Read More

Read More

富士山本宮浅間大社は日本最古のSFの発祥地?

真紅の社殿は真っ青な空を背景にする事により更に存在感を鮮明なものとしています。 残念ながら私が訪れた時は雲に覆われ目にする事が出来ませんでしたが運が良ければこの神社の境内から青空を背景にした富士山を眺める事が出来ます。 … Read More

Read More

小さくても凄い丸子宿

フランス出身の有名な印象派の画家クロード・モネの作品「積みわら」は収穫後の干し草の山を描いた連作群の総称です。 その中の一つ「積みわら-日没(夕陽)」は、ある絵の構図やグラデーションを研究して描かれているそうです。 その … Read More

Read More