Tag: 三重

藤堂高虎が築城した水城の集大成とも言える津城

石垣の上を覆う木々の緑に呼応しているかのような緑の水面。 その水面に映る美しい石垣。 三重県津市の中心部に位置する津城のお堀の風景です。↑津城跡 この城を語るには戦国武将・藤堂高虎(とうどうたかとら)を外すことは出来ませ … Read More

Read More

多度大社の歴史を通して馬と神社との関わりを学びましょう

柔らかな緑の隙間から漏れる光の破片。 厳かな雰囲気を醸し出しつつも優しさを感じる参道。 ↑多度大社参道 その参道の奥に佇む本宮と別宮。↑本宮(左側)、別宮(右側) 三重県桑名市の多度山(たどやま)の麓に鎮座する多度大社で … Read More

Read More

おうちで旅行気分!伊勢神宮だけじゃない!?三重県のパワースポット椿大神社~椿咲く境内を動画で散策&椿のおみやげを試食!

おみやげから日本の歴史と文化を! 三重県の北部に位置する人口約20万の鈴鹿市。 鈴鹿市はF1の日本グランプリやオートバイの8時間耐久レースなど国際及び国内レースなどが多数開催される鈴鹿サーキットで有名な町です。 一方、そ … Read More

Read More

椿大神社はどこへ導いてくれるのでしょうか?

境内は拝殿の直前まで空に向かって高く伸びる木々に囲まれています。 厳かな雰囲気に包まれた椿大神社(つばきおおかみやしろ:三重県鈴鹿市)です。 三重県内では全国的に有名な伊勢神宮、夫婦岩で知られる二見興玉神社(ふたみおきた … Read More

Read More

桑名城の築城者から学ぶ戦国時代の武器の話

空の蒼と共鳴するように蒼く潤沢な水を湛える広い川。 河口付近で長良川と揖斐川は合流し豊かな景観を創り出しています。↑揖斐川 この地点には伊勢国の入り口とも称されていた渡船場「七里の渡し(しちりのわたし)」がありました。 … Read More

Read More

古い歴史を持つ関宿に建つ地蔵院にまつわる言い伝え

目まぐるしく変わりゆく時勢の中でほんの少しでも緩やかなひと時を過ごしたいと思ったのであればこのような場所に身を置く事が最良の方法かもしれません。 関宿(せきじゅく:三重県亀山市)は東海道五十三次で唯一重要伝統的建造物群保 … Read More

Read More

ミキモト真珠島は日本の養殖真珠につての学びの場

濃厚な翡翠色の海に架かる橋を渡るとそこは真珠の王国! ミキモト真珠島 (三重県鳥羽市)です。 真珠博物館に展示される美しい真珠の数々。 海女の実演も観覧する事が出来ます。 島内に祀られている神社の名前は「珠の宮(たまのみ … Read More

Read More

神話の時代から現代まで神様にとって大切な海岸であり続ける二見浦

視線の先に広がる青の濃淡色のみで彩られた二見浦(ふたみがうら:伊勢市)の海の表層。 その底には東西216m×南北108m、周囲850m、高さ約7.5mの巨大な石(と言うより岩盤と言った方が正しい表現でしょうか)が横たわっ … Read More

Read More